節約で夢の結婚式を実現させましょう

結婚式はとにかくお金がかります

待ちに待ったプロポーズを受け、親族の了承を得て、いよいよ「結婚」という際に多くのカップルが直面する壁が結婚式です。夢にまでみた憧れの結婚式でも、現実問題としてお金の問題は切り離せません。費用が捻出できずに両親や金融機関から借金をするケースもあるほどです。衣装に料理に引き出物に御車代、司会のマイクに花をつけるだけでも費用が発生することに驚いたりもします。費用の心配をせずに結婚式を行うために、結婚式のための貯蓄がとても大切です。

節約をして結婚式のための貯蓄をしましょう

実際に結婚式のための貯蓄は、どのように行えばよいか考えてみましょう。ご祝儀等で式の後にはお金が返ってくるのですが、大抵の結婚式場は費用が前払いの為、ある程度まとまったお金を貯蓄する必要があります。毎日、お弁当を持参しランチ代を節約したり電気代ガス代などの公共料金を節約してお金を貯めようとしても、一人暮らしの食費や公共料金を節約したところで手にいれることができるお金は残念ながらそう多くはありません。

先取り貯金で結婚式を行いましょう

おすすめしたい貯蓄方法が先取貯金です。給与受取口座を2つに分け、1つは結婚費用専用のものにします。受取口座の分割が出来ない場合は、銀行の積金などを利用しましょう。例えば月々5万円、ボーナス時に20万円ずつ貯蓄すると、年間100万円を貯めることが可能です。カップルそれぞれで2年間貯めれば400万円を手にすることができます。おめでた婚でもない限り、結婚をきめるまでには2年ほどは期間があることが多いので結婚前から意識的に貯蓄をすることが重要です。ただし、あくまでも結婚式はスタートラインです。賢く節約、貯蓄して楽しく生活していきましょう。

結婚式を節約したいなら、少人数の挙式にするのもひとつの方法です。また招待状や席札、ブーケなどを手作りすることも節約につながります。